遺品整理

遺品整理にメルカリは使える?メリット・デメリットを解説!

Organize-relics-mercari-1

遺品整理でメルカリを利用するのは問題無いのか?

Organize-relics-mercari-2

最近は遺品整理でフリマアプリやオークションサイトに出品する方々が多くなりました。それでも、遺品を売るのに抵抗がある方が多くいるのが現状です。”故人に対して失礼だ”とか”遺品を他人に売るなんて正気じゃない”という人も周りに一定数います。

まずは”遺品を売ることは悪い事なのか”、”遺品を売る際にその事実は伝えるべきなのか”にフォーカスを当てて解説いたします。

遺品を売ることは悪い事?

早速結論から申し上げると、遺品を売ることは決して悪い事ではありません。故人が遺品を大切に使っていたことを考えると、この先も大切に使ってほしいと願っているでしょう。その為、フリマアプリやオークションサイトで次の方に遺品を譲ることは理にかなっています。

加えて、遺品を不用品として処分しないことは”エコ活動”にも繋がります。資源は有限な為、遺品を使い続けてもらうことで地球環境へ配慮することも出来ます。

更に、遺品を販売して得たお金を生活費に充てることも出来ますので、遺品を売ることでデメリットになることは殆どありません。以上の理由から遺品を売ることが悪い事ではないと言えます。

遺品である事実は伝えるべき?

遺品を売る際に”遺品である事実を伝えるべきか”悩んでしまいますよね。商品説明欄に”遺品”と記載することで売れないのではないかと気になります。

しかし、遺品という事実は確実に伝えるべきです。事実を伝えることで貴方自身の罪悪感も払しょくすることが出来ますし、何よりも”遺品として購入する方は大切に使ってくれる”可能性が高いです。

“故人も大切に使っていた品物だから私も大切に使おう”と考える方もいます。実際に連絡を取り合う際には、他人へ遺品を譲る大事な取引になるのでお互いに気持ちよくやり取りしたいですね。

事実を隠して商品を売るよりも”遺品である”と伝えてスッキリした気持ちで遺品整理を行いましょう。

遺品整理業者がメルカリを推奨!

Organize-relics-mercari-3

実は遺品整理のプロもメルカリの利用を推奨しています。

中にはメルカリ初心者に向けた”メルカリ教室”を開き基本的な使い方や操作を無料で学べる機会を作っている企業などもあります。

この様に遺品整理業者自らがメルカリの利用を推奨しているなど、貴方自身が思っている以上に遺品整理とメルカリは近い関係にあります。もちろん遺品整理だけは無く不用品の売買などにも利用できるのでその用途は幅広いです。

この機会にメルカリの利用にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

遺品整理でメルカリを利用するメリット

Organize-relics-mercari-4

遺品整理でメルカリを利用するメリットは2つあります。

  • 遺品が現金化できる
  • 遺品を簡単に出品できる

特に、誰でも簡単に出品できる点が初心者にも優しくて嬉しいポイントです。それでは順番に解説します。

遺品を現金化が出来る

遺品整理はお金がかかるイメージが有りますが、メルカリを利用して遺品を売ることで逆にお金を得ることが出来ます。故人の書斎にある本や趣味で収集している楽器やレコードなどのコレクションにも需要が有ります。

売れないと思っているものでも、意外にコレクターには人気があり購入されることも少なくないでしょう。大切に収拾されていた遺品はもしかしたらプレミア価格がついて思わぬ大金となるかもしれません。

遺品を不用品として処分する前に一度遺品の相場を調べてメルカリに出品してみることをオススメします。

遺品を簡単に出品できる

メルカリには”バーコード出品”と呼ばれるより出品が簡単に行える機能が有ります。バーコード出品が利用できるカテゴリは次の通りです。

  • 本・音楽・ゲーム
  • コスメ・香水・美容
  • 家電・カメラ (スマートフォンは除く)

このバーコード出品を利用することで、悩みがちな”商品説明”やカテゴリ、価格までも自動で入力することが出来ます。更に検索に引っかかりやすいように”#タグ(ハッシュタグ)”も同時に挿入されます。

商品が手元にあれば30秒くらいでメルカリへの出品が完了するとても優れた機能です。具体的な手順は下記の”メルカリガイド”から参照してください。

バーコード出品を行わなくてもメルカリへの出品はとても手ごろに出来るのでパソコンやスマホが苦手な方にもオススメです。

遺品整理でメルカリを利用するデメリット

Organize-relics-mercari-5

遺品整理でメルカリを利用する場合にはデメリットもあります。

  • 遺品が多ければ出品が大変
  • 相場を探すのに時間が掛かる

特に相場探しには時間が沢山かかってしまう場合があるので要注意です。それでは順番に解説します。

遺品が多ければ出品が大変

遺品が多ければ多いほど出品する数も多くなる為、簡単に出品が出来るとしても時間が掛かってしまう場合があります。本やアクセサリーなど複数ジャンルの遺品が煩雑になっている状態での膨大な出品作業はヤメましょう。

このデメリットを補うコツとしては、同じジャンルの遺品を予め1つの場所にまとめておくことで作業時間を短縮することが出来ます。加えて、出品後に売れるまでの間は遺品を保管しておく必要があるので、遺品を把握しやすいように付箋などでメモを書いておくのも効果的です。

相場を探すのに時間が掛かる

楽器やレコード、レトロな遺品などは相場を探すのに時間が掛かります。特にレトロな物はインターネットで調べようとしてもなかなか出てこない場合がある為、商品の値段を決める時間が多くかかってしまいます。

気長に遺品整理を進める方は問題ありませんが、急いで行わなければならない方には大きなデメリットとなるでしょう。楽器の彫りやレコードのパッケージなど商品の名前が明確に分かる情報が残っているか確認してみることをオススメします。

商品の写真を撮ってGoogleの類似画像検索などを活用するのも効果的です。

遺品を効率よくメルカリで売る為の3つのコツ

Organize-relics-mercari-6

遺品を効率よくメルカリで売る為の3つのコツを抑えましょう。

  • 商品の写真は明るい部屋で撮る
  • シリーズ系はセットで出品する
  • 送料を負担する

特に、送料の負担先を間違えてしまうとそれだけでユーザーが離れる原因になるので注意が必要です。それでは順番に解説致します。

商品の写真は明るい部屋で撮る

商品の写真は売れ行きに大きく影響を与える為とても重要です。写真の明るさだけでもユーザーに与える印象は様々です。商品によって最適な写真の撮り方は様々ですが、基本的には明るい写真の方が好印象となります。

その為、商品の写真を撮る際には出来るだけ明るい部屋で撮影しましょう。加えて、ホワイトやブルー系(寒色)よりもオレンジ系(暖色)をオススメします。

シリーズ系はセットで出品する

漫画本やDVDなどのシリーズ系の商品を出品する際にはある程度セットで出品することをオススメします。断片的な漫画本やDVDを求めている人よりも、作品自体をまとめて購入したいと考えているユーザーの方が圧倒的に多いです。

加えて1回の出品で複数の遺品を整理することが出来るので出品者にとっても都合がよく一石二鳥です。シリーズ系が複数ある場合には是非セットで出品しましょう。

送料を負担する

メルカリで商品を購入者へ送る場合に”送料”を出品者負担にするのかユーザー負担にするのか選べます。現在メルカリでは出品者が送料を負担してる場合が殆どです。

ユーザー負担にすると着払いになる為、商品の受け渡しに煩わしさを感じる方も多いので好まれません。送料をケチって購入者負担(着払い)にしてしまうと受け取る際に少し面倒になるので、それだけでユーザーは離れてしまいます。

出品者の負担が増えてしまいますが、送料は自分たちで負担することをオススメします。

メルカリを使った遺品整理もおすすめ!

Organize-relics-mercari-7

遺品整理とメルカリの相性はとても良いです。遺品整理業者に依頼するとお金が掛かってしまいますが、メルカリを利用することで逆にお金が得られます。出品するまでに最短で1分もかからないので初心者の方にも簡単に利用することが出来ます。

スマホの操作が苦手な方は、初心者向けのメルカリ教室を開いている企業もあるので参加してみることもオススメします。是非メルカリを利用して賢い遺品整理を行いましょう!

遺品整理にあまり詳しくない方は下記の記事から遺品の概要を復習してみましょう。

遺品整理とは?初めてでも安心!具体的な手順と3つのポイントを解説 大切な家族を失って精神的にも辛い日々が続いている中で、遺品整理が必要になってしまった場合に、まず何から取り掛かれば良いのか不安になりま...